授業の流れ

1年次カリキュラム

|基本調理実習|
あらゆる料理を学ぶ

包丁の研ぎ方・計量のしかた・加熱・だしのとり方・食材の切り方など、調理の基本技術を学びます。

また、西洋料理・日本料理・中国料理を総合的に学びます。

調理科共通科目(540時間)
食生活と健康(公衆衛生学) … 90時間
食品と栄養の特性(食品学、栄養学) … 150時間
食品の安全と衛生(実習を除く 食品衛生学) … 120時間
調理理論と食文化概論
(調理基本・調理科学、食文化概論、集団調理) … 180時間

2年次カリキュラム

|専攻調理実習|
希望のコースでより専門的に学ぶ

西洋料理、日本料理、中国料理の3コースから選択。

専任教員から、より専門的で高度な調理技術を学びます。

講義(278時間)
店舗経営 … 26時間
一般常識 … 16時間
食事と彩り … 30時間
フードデザイン … 16時間
外国語 … 30時間
献立計画 … 42時間
マーケティング … 26時間
料飲サービス … 30時間
職業指導演習 … 30時間
特別講義 … 20時間
就職対策講座 … 12時間
自由選択科目(50時間)
菓子講習(土曜日実施) … 30時間
実技専科 … 20時間

西洋料理コース

フランス料理やイタリア料理を中心に、西洋料理のプロの技術を身につけていきます。

日本料理コース


地域や旬の食材を活かした季節感あふれる日本料理の知識や技術、創作料理や器への盛りつけまで学びます。

中国料理コース


中華包丁や鍋を使い、上海・四川・広東・北京といった中国四大料理を全般に学びます。

取得資格

調理師資格(無試験取得)

食品技術管理専門士/衛生専門士/調理師養成施設実習助手任用資格/専門調理師学科試験免除


●希望者のみ

フードコーディネーター3級/食育インストラクター/色彩活用ライフケアカラー検定3級

ラッピングクリエイター3級

目指す就職先

ホテル ●結婚式場 ●レストラン 料亭 割烹 中国料理店 

集団給食(会社、病院、学校、福祉施設)など